ナイトワーク予備知識 お水のお仕事との違い

variety of

キャバクラと風俗の違いについて

今回は女性ナイトワークの代名詞『キャバクラ』と『風俗』の比較をしたいと思います。キャバクラは基本的に風俗と比べるとスグに稼ぎがもらえるというわけではないので、つい風俗をチョイスしがちな女性も多いですが、一度業界に入ってしまうといろいろな意味で風俗業界は抜け出せなくなりがちです。

今回は様々な面でキャバクラと風俗を比較したいと思います。

お水のお仕事勤務の場合

キャバクラはお客さんを持っている状態であればすぐに売上をつくれるのですが、そうでない場合はお客さんを掴むところから入るため、稼ぐのには少し時間がかかる業種です。

(1) 給料の安定

時給はスライド式や永久保証なのでやる気があれば時給は下がる事は無く、むしろ上がる

(2) 1ヶ月の給料

時給という確実に支給されるお給料とバックがあるので生活面でも計画が立てやすい。

(3) バック

指名バックも、お客さんの席を周る事によって複数本取れるボトルバック、同伴バック等のバックで稼げる仕事

(4) シフトの融通性

休みの日などに担当のボーイから出勤してほしいなどの連絡がある遅刻、欠勤のペナルティー等がある店もある

(5) メンタル面の安定

接待をする上で様々な方と話をするので大変な面もある。
しかし、逆に大きな人生経験が出来るというメリットもある

(6) 衛生面(病気等)

毎日お酒を飲むのでアルコールによる体調不良を起こす事もある

以上がキャバクラ店に勤務した場合の情報です。

キャバクラでの勤務は女性のナイトワークにとっては安定して働ける職業と言えます。

風俗店勤務の場合

風俗店での勤務はやはり、スグに現金が手にはいるというのが魅力的ですが、人間やはり簡単に現金を手にするとそれ以上のデメリットを背負ってしまう傾向もあります。

(1)給料の安定

出勤して8時間待機したが1人もお客さんが付かない場合は給料は1円も貰えない

(2)1ヶ月の給料

給料は日払いで即金支給1日の稼ぎは大きいが1ヶ月の計画を立てにくい
即金で貰うためその日に使いきってしまう傾向が多い

(3)バック

指名バックはキャバクラと違い1人のお客さんから1本しか頂けない。

オプションバック等のバックは付くが、付けば付くほど様々なリスクもともなう

(4)シフトの融通性

LD(レディースデー)等で休むことが出来る

遅刻、欠勤でのペナルティは無く、生活リズムの管理が苦手な女の子には働きやすい

(5)メンタル面の安定

体の露出の多い接客のため仕事終わりや、家に入る時メンタル面が不安定になりやすい

お客さんと個室で1対1の接客プレッシャーもある

(6)衛生面(病気等)

感染病(風邪、インフルエンザ等)や性病感染などの危険性もある

体を壊せば働く事ができないので稼ぎや、予定していた給料が稼げなくなり、借金を作るなどに繋がることがある

以上が風俗店に勤務した場合の情報です。

風俗店での勤務は女性のナイトワークにとっては1日の稼ぎという面で見れば稼げる職種ですが不安定な職業と言えます

タイトルとURLをコピーしました