ナイトワーク基礎知識 お友達と面接に行く時に注意する点

variety of

 

友達と一緒に面接に行くと
どちらかの女の子が損をする事があり
本来出るはずの条件で勤務することが
出来ないということが多いです。

今回は友達と面接に行こうと
考えている女の子のために
お友達と一緒に面接に行く時の
注意事項を説明していきます。

店舗側の考え

友達同士の応募の場合1人が辞めたら
もう1人も辞めるんじゃないか
とお店側は思うので
2人とも採用をしない事も多いです。

実際、友達同士で入店して1人が辞めたら
もう1人も辞める事は多いので
2人が友達同士の応募は
お店側から嫌がられる事が多いです。

条件が一緒にならない

友達同士でも
・容姿の雰囲気が似ている
・シフト希望や経験値も同じ
という場合なら同じ条件に
なることもありますが

ワイワイ系のお店に
見た目から元気さが伝わる
金髪ギャルのA子と
黒髪清楚系のB子が
一緒に面接に来たとします、その場合A子ちゃんのみ採用で
B子ちゃんはお店のコンセプトに合わない
と言う理由で不採用なる可能性が
あります。

1人採用でも両方不採用

ワイワイ系のお店に見た目から
金髪ギャルのAちゃんと
黒髪清楚系のBちゃんが
一緒に面接に来たとして、お店としてはB子ちゃんは
ワイワイとした雰囲気にあっていない
という事で『不採用』となります。

逆に落ち着いたお店だと
A子ちゃんがお店のコンセプトに合わず
B子ちゃんだけ採用したいとなります。

一緒のお店で働く場合

もしどうしても
同じお店で働きたいという場合は
別の日に面接に行くのがオススメの方法になります。

実際に友達同士で働いている子は
どちらかが先に働いていて
後から誘われてもう1人が入店
というパターンも多いです!

仲良しの2人で入店して
働いてくうちにお互い仕事意識が強くなり
お客様の取り合いで仲が悪くなった
という最悪のパターンもありますので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました